ホーム

自営業の人が消費者金融でお金借りるコツ

自営業の人が高額な融資を受けるなら、銀行から融資を受けることが一番良いでしょう。

 

しかし、銀行の審査はそれなりに厳しいので、自営業の人は不利になります。

 

自営業にもさまざまな職業の人がおり、医師や弁護士などもこれに含まれるという意見があります。

 

医師や弁護士の人は、安定して高収入を得られるイメージがあり、ローン審査でも有利になるようです。

 

しかし一般的には、自営業の人は収入が不安定なので、借入審査では不利になる傾向があります。

 

 

 

消費者金融のビジネスローン

 

銀行で融資を受けることが難しいと感じたら、次は消費者金融に申込みをしてみましょう。

 

ファクタリングという方法もありますが、ファクタリングは高額な手数料がとられるので、最後の手段として考えたほうが良いです。

 

消費者金融で個人でお金借りることはそれほど難しくはありませんが、ビジネスローンの場合には、やや審査は厳しいという意見もあります。

 

ビジネスローンは総量規制の対象外ですが、事業をしていることを証明する書類などを提出する必要も出てきます。

 

しかし、銀行の事業融資に比べると、無担保・無保証で借りられますし、用意する書類も少なくてすみます。

 

また、平均すると2日~3日くらいで審査の結果が出るので、スピード面でも銀行よりも優れている傾向があります。

 

お金借りる目的によっては、注意も必要になります。

 

ビジネスローンは事業用の資金としてしか使えません。

 

個人向けのカードローンでは、逆に事業用には利用ができないようになっています。

 

自営業の人はどちらでも選べますが、資金使途については注意をしておきましょう。

 

 

http://www.hcprocomply.com/が参考になりました。

 

 

 

アコムの無人契約機むじんくんの場所や営業時間

消費者金融のアコムといえば、お金に困ったときにすぐに対応してもらえて、全国にも多くの店舗をもっている、業界最大手の一角として有名になっています。

 

この消費者金融のアコムでは、もちろんスタッフが直接応対するような有人店舗もありますが、そのほかにも、無人契約機むじんくんを通じて、お金を借りるための申し込みなどの一連の手続きができるようにしているシステムを導入しています。
 
有人の店舗とちがって、アコムの無人契約機むじんくんを使えば、営業時間も格段に長く、スピーディーであるため、たとえば仕事帰りで遅い時間帯になってからお金を借りる申し込みをするようなことも可能になります。

 

むじんくんの営業時間や設置場所については、アコムの公式ホームページのなかで検索ができるようになっていますので、あらかじめ目を通しておくのがよいといえます。

 

通常は8時から22時までとなっていますが、一部の無人店舗では短縮営業となっていることがあります。

 

 

無人契約機がおすすめ

 
こうした無人契約機では、タッチパネルに表示されているボタンをオスなどのかんたんな操作をするだけで、申し込みから借り入れの審査、カードの発行に至るまでを、その場で行うことができます。

 

自宅からインターネットで仮審査の申し込みなどをしていた場合であれば、正式な審査も最短で30分程度ですむことがありますので、なおさら便利に使えます。

 

もしも操作に行き詰まった場合でも、オペレーターに連絡してモニター越しに質問をすることも可能です。

 

アコムのむじんくん(無人契約機)の利用方法!審査・営業時間・場所が参考になりました。

 

 

スピード審査のキャッシングを利用する時の注意点

申込みから融資までのスピードがアップしてきて、キャッシングは非常に便利になりましたが、気をつけたいこともあります。

 

不測の事態が生じたなどの理由で、今すぐにでもお金がいるけれども手持ちの現金がないという場合は、キャッシングが役立ちます。

 

今すぐにお金を借りたいと思っても、クレジットカードの申請や、銀行のローンは審査の結果待ちの時間がどうしても長くなってしまい、すぐということはありません。

 

どのキャッシング会社に申し込むかでも異なりますが、申込みをして、審査結果が出るまで、1~2週間かかることもあります。

 

申込みから融資までの時間を短縮化したい場合は、消費者金融会社が貸し付けているキャッシングにすれば、待ち時間は15分くらいです。

 

そのため、急に現金が必要になった場合には、消費者金融のキャッシングは大変便利なサービスになります。

 

スピード審査

 

支払方法の種類と注意点すべきこと

キャッシングの支払い方法は様々なものがあり、翌日一括払いや、リボルビング払いなど、自分が支払いやすい手段を選択することができます。

 

金融会社サイドとしては、借りたお金をしっかり返済してくれる顧客かどうかが、一番関心の強いところです。

 

長期の延滞を何回もしているような人は、借入金の限度額が見直されて低くなってしまったり、キャッシングの手続きが解約されてしまうこともあります。

 

事前に決めていたとおりの支払いができなくなってしまった場合は、消費者金融会社の窓口に早いうちから電話相談をしましょう。

 

月々の返済日までに、借りていたお金を支払うことができなかったという人は、問題を起こした顧客としてデータに残ります。

 

返済トラブルの情報を残してしまうと、他の金融機関のキャッシングでも借入れが出来なくなってしまう事もあるので、返済だけは滞らないように気をつけましょう。
http://お金かりたい.com/が参考になりました。
 

戸惑う事が無いようにあらかじめ確かめておきたい、貸付 けの際起こったの揉め事体験とは

キャッシングをする人が陥ってしまいやすいトラブルの1つに多重債務と言ったもの存在します。

 

多重の負債という物が何かと言うと払い戻しのために借入することを繰り返す事により借入金がより膨らんでしまうといった状態を言います。

 

手遅れに落ち入る前に改善する努力をするのが大切です。

 

信用組合などにするはずの返済が滞ってしまうことがあると遅延損害金と言った物が生じます。

 

又、借りる事のお金を返す遅滞した事により自分自身の信頼を落としてしまいます。

 

しかも、何度も繰り返し延滞する事を続けてしまうと利用できなくなるなどの処罰を受けることになってしまう為要注意です。

 

揉め事体験

 

ブラックリストに載ってしまう

キャッシング契約したことがあったり信用販売を組むことで必ず記録される信用情報機関という物が在るのですが、たとえば其処で万が一返納が滞る様な時は事故情報として記録されてしまいます。

 

また、この事故情報のことをブラックリストなどという風に呼ぶ場合もあるのです。

 

貸し付けの紛糾の内でも、多重化してしまった借財を無くすのは自分のみの力だけでと言うのは簡単なものではないとされています。

 

弁護士や司法書士に話を聞いてもらうことで今これからどうするのかを探し当てて貰ったりすると言ったことができる為、可能であれば早いうちに行動するといった事で問題解決を目指す事にしまましょう。

 

借金返済の遅延が起こってしまうのは注意力が無かった事や怠りによる時が大変多いようなのです。

 

其の結果として、自己の個人の信用情報に傷が付いてしまう事があると、自身の未来の暮らしにまで傷を付けてしまう事になるかもしれませないのです。

 

確りと自覚をもちつつ借り入れを利用することにしましょう。

総量規制対象外の銀行カードローンが参考になりました。

 

 

ローン申込み時に必要になる担保とは

大口のローンを希望している時は、担保を入れるというやり方があります。

 

ローンの申込み時に必要となる担保とは、借りたお金が何らかの事情で返済できなくなった時に、代わりの返済手段となるものです。

 

人的担保と、物的担保という、2つのカテゴリ分けができる担保があります。

 

物的担保と呼ばれるものは不動産などであり、人的担保とは連帯保証人のことです。

 

もしも、借りたお金が返せなくなると、物的担保を売り払って、そのお金が返済になります。

 

極端な言い方をするなら、ローンが返せなければこの物件を売り払って構いません、という約束を事前にした上でお金を借りるわけです。

 

担保

 

物的担保のメリット

人的担保と違って、物的担保は確実に売却ができるというメリットがあります。

 

評価額の高い担保を使えば借入限度額も高くなりますし、低い金利で借りることも可能で、長期間の融資が受けられます。

 

審査では、申し込み者個人の信用だけでなく、担保に用いた土地や建物の評価額を確認した上で、最もよい条件での融資が期待できます。

 

評価価値をつけやすく、効果的な担保にすることができる住居は、不動産ローンで重宝されています。

 

ただし、担保を用意した時のローンの審査はどうしても時間がかかっていますまので、まとまったお金を借りたい時にかやりません。

 

教育ローンを組む時や、無担保ローンの返済に用いることもあります。

サーチ
テーマ
最近の記事
過去の記事